海外オプション取引
その
1

そもそもバイナリーオプションとは?

バイナリーオプションという言葉最近よく耳にする機会があるひとも多いでしょう。新手の金融取引っぽい言葉だな、と思った方は正解です。

バイナリーオプションですが、たとえば明日の金の先物価格が1オンス1000円以上か1000円を割るかの場合、2者択一で勝ち負けが決まるギャンブルのような取引です。

それを実際のFX取引や先物取引、日経平均225などにおいてオプションとしてつけることができる取引として、バイナリーオプションと呼ばれます。

あくまでオプションとしての取引なので本来の金融商品取引とは一線を引きます。証券会社によって扱っている商品が異なりますので、どれを取引したいのかという自分の希望をもとにして確認が必要になるでしょう。
 

その
2

FXとの違い

もともとFXのイメージはリスクが高く、取引金額に応じてXE Marketsのように888倍までなどとレバレッジをかけることができ、一度に多くの利益を獲得することができる反面、一気に資金を失ってしまう怖さがあります。

一方、バイナリーオプションはレバレッジもなく、その分資金喪失のリスクも少ないです。ハイロー取引が勝つか負けるかの単純明快な部分と、短期投資商品であることで1回で取引が終わるため、初心者にも取引がしやすいので非常に扱いやすい印象を受けます。

私も行ったことがあるのですが、経験上お勧めしたいのはバイナリーオプションを始める前に一通り、チャートの動きについて勉強しましょう。先物価格や日経平均など実際の取引に使われる金融商品の値動きはとくにチェックが必要です。

バイナリーオプションとはその取引のコツとしてチャートにおけるトレンドが出ていた場合にはそれに逆らわないのが鉄則です。裏をかいて大きく儲けたいという気持ちは分からなくはないですが。素人が裏をかいたところで、1度や2度はその通りの値動きをしたとしても、そんな偶然はずっとつづきません。

そういった取引方法はまさにもろ刃の剣ですのでお勧めできませんね。バイナリーオプションで稼ぐなら、小さく、コツコツと利益を積み上げるデイトレードの精神が必要になってくると思います。

小さく勝ちを積み重ねれば、それが100万円、200万円という蓄積につながっていきますから、辛抱づよく取引しながら、どんどん資産を増やしたいですね。

バイナリーオプションを経験するうえでオリジナルの必勝法などを編みだしていくのが成功への近道になるかもしれません。ただあくまで初心は忘れないように、市場の流れには逆らわないです。

 


ネット副業にもいろいろなものがありますが、その一つにWEBライターというものがあります。

これは文字通り、WEB上で公開する文章を書くライターのお仕事です。

ライトーと聞くと、事前に参考文献や学術資料を読みこみ、何十時間もかけて1万文字ぐらいの文章を作らなければいけないとイメージされる方もいるかもしれません。でも心配ご無用です。

WEBライターにそこまでの文章を依頼するクライアントはほとんどいません。まあ、たまにいることもありますが。基本WEBライターが担当するのは1000文字以下の文章がほとんどと考えてください。

また仰々しい文章を求められることもほぼありません。求められるのは誤字脱字をせず自分で構成から内容まで考えた文章です。

1万字以上の文章を作成するなら、構成考えるだけでも一苦労ですが、1000文字以下ならそこまで苦労することはありません。

もちろん慣れないうちは構成を考えるだけで1時間以上かかることもザラにありますが、慣れていくうちに自然と時間が短くなり、自分が得意な分野なら5分程度で構成考えて、文章書くのと合わせて30分程度でできるようになる場合もあります。また1000文字と言わず、500文字程度の文章を求められることも結構多いです。

500文字なら構成と文章の作製で15分程度で終わらせる方もおられます。WEBライターの場合、パソコンで文章を入力する場合がほとんどなので、最低限ブラインドタッチはマスターしておく必要があります。

もちろんキーボードを見ながら打ち込んでも問題ありませんが、おそらく時間がかかり過ぎて到底割にあわないはずです。

WEBライターのメリットは暇な時間に自宅で仕事ができるところです。

締め切りはありますが、それに間に合うなら仕事から帰ってきた深夜に仕事をしても、時間が空いた昼食後にやっても問題ありません。

ただその一方で、書く文章の内容によっては法律などに抵触しないよう細心の注意をする必要があります。

特にお薬関係などは細かく法律で規定があり、それに反するような文章を書けば、自分だけでなく、クライアントにも迷惑をかけてしまいます。

WEBライターをする場合はそこら辺にしっかりと注意するようにしましょう。あとWEBライターは駆け出しの頃はかなり単価が安いです。

それを我慢して実績を積んでいけば単価の高い仕事も受注できるようになっていきます。

他のネット副業に比べると稼げるようになるまで時間がかかる可能性がありますが、一度単価が高くなるとそれを維持しながら仕事ができますので、我慢強い人にはお勧めかもしれませんね。