海外オプション取引
point

海外のFX業者でも口座の開設手続きは簡単

海外のFX業者を利用するためには、まずFX用の口座を開設する必要があります。
まだFXを利用したことがない人だと、口座の開設は難しそうに思えるかもしれませんが、実際にやってみると簡単でびっくりします。
銀行口座を開設するのと同じぐらいの手続きですので、投資をやったことがない人でもFX口座を開設することが可能です。

まずは利用しようと考えているFX業者のホームページにアクセスしてください。どの業者であっても、わかりやすく口座開設のバナーが表示されていると思いますのでクリックしてください。
あとは入力フォームに従い、それぞれの項目をきちんと入力してください。住所や氏名、年齢、電話番号などの基本的な情報が求められますので、虚偽の情報ではなく正確に入力しましょう。
それ以外にも、投資経験や投資予定額などの項目がある場合もあります。アンケートのようなものですが、これにも正確に答えておきましょう。

FX口座の開設には本人確認のための書類を提出する必要があります。これは法律で定められたことですので、どこの業者を利用する場合でも逃れられません。
どのような書類が有効化はFX業者のホームページを確認するのが確実ですが、パスポートや運転免許証など日本でも一般的な身分証明書が利用できます。
本人確認のための書類とは別に住所証明書類も必要で、本人確認書類と同じくパスポートや運転免許証が使えるようですが、別々の書類を用意する必要もあるようですので注意が必要です。
郵送が必要な業者もあるようですが、写メやスキャナなどでパソコンに取り込んだ画像をインターネットを通じて提出するだけでいい業者も多いようです。
一通りの手続きが終わったら、あとはFX業者で内容を確認して問題がなければログインするための方法の連絡があります。口座を開設したら、あとは入金をすればすぐにFX取引が開始できます。

今は日本人でも海外のFX業者を利用することが多くなっていますので、日本語に完全対応している業者も少なくありません。
口座開設の手続きで不明な点があれば、メールやライブチャットなどを使って日本語でのサポートを受けることも可能な場合が多いので安心です。